大阪の建築家による歯科医院の設計|歯科クリニックの改装実例|鉄筋コンクリ―ト造の建物の中をリノベーション。既存の障子や欄間を活かした和風の内装。診療室1

旅館のような環境でコミュニティに貢献

たき歯科医院

2012年 改装

大阪府富田林市常盤町15-11

TEL:0721-24-6241

http://takishika.com/









大阪府の富田林市には古い街並みが残り
高校野球で有名なPL学園という学校があり
そこにはジブリアニメにでてきそうな塔が立ち
大きな花火大会が行われます。
そんな地元意識が強そうに見えるエリアに密着して
瀧先生は長年診療を行ってこられました。
鉄筋コンクリート造の建物の2階で診療を行ってこられましたが
息子先生への継承を見越して
高齢の患者さんへの配慮のために
もともと住宅だった1階を改装して
クリニックにすることになりました。

大阪の建築家による歯科医院の設計|歯科クリニックの改装実例|鉄筋コンクリ―ト造の建物の中をリノベーション。既存の障子や欄間を活かした和風の内装。診療室2
大阪の建築家による歯科医院の設計|歯科クリニックの改装実例|鉄筋コンクリ―ト造の建物の中をリノベーション。既存の障子や欄間を活かした和風の内装。待合室1
コンクリートの建物内部には立派な和室が設えられていましたので
その障子や欄間を転用して純和風の歯科医院をつくることにしました。
待合はモダンな要素を持ち込み
旅館のロビーのような落ち着きが感じられるようにしました。
診療室に入るともっと機能的な雰囲気になることが定石ですが
予想を裏切りさらに和風の雰囲気が広がります。
庇と縁側を新設して庭を切り取り各チェアがすべて庭に向きあいます。
パーティションにはもともとあった繊細な障子枠を転用し
壁面には欄間を取り付けました。

地域活動に積極的に参加して
コミュニティを大切にしてこられた瀧先生。
楽しくお話されるパーソナリティに
診療だけが患者さんとの接点ではないことが想像できます。

今後も地元の患者さんと深く関わり
その関係が若先生へも継承後されていくことが強く感じられます。
その関係をつなぐひとつのチャンネルとして機能する
クリニックとなることを願っています。






施工     北野建築工房
照明計画   株式会社ライト 坂東英輔
撮影     山田誠良
延床面積    117.93 ㎡(35.67坪)
大阪の建築家による歯科医院の設計|歯科クリニックの改装実例|鉄筋コンクリ―ト造の建物の中をリノベーション。既存の障子や欄間を活かした和風の内装。診療室3
大阪の建築家による歯科医院の設計|歯科クリニックの改装実例|鉄筋コンクリ―ト造の建物の中をリノベーション。既存の障子や欄間を活かした和風の内装。待合室2