ブランドに特化した郊外のセレクトショップ

カネコメガネ

2008年 新装

兵庫県加西市北条町横尾344-1

Tel:0790-42-0396

http://www.k-optic.com/

兵庫県加西市にて、長い年月をかけてコミュニティを大切にし、地元に根づいたカネコメガネ。都心でも扱うことが少ないTALEXなどのブランド商品のラインナップにより、遠方からも来客があり、量販店との差別化も築いていました。近隣エリアに空き店舗が目立ち相乗効果が望めなくなってきたことや、駅前再開発により街の中心がより明確になってしまうことの影響を考慮し、駅近くの携帯電話メーカーの建物の一角へ移転することになりました。

路面でありながらも間口がとても狭く、派手に主張しても、対面の店にはピンクの看板があり、携帯電話メーカーの大きな看板のインパクトにも覆われてしまいそうな状況です。下手な看板競争は量販店と同様の印象を与えかねません。ファサード周りの壁面を利用することもできず、さらに既存のサッシを使わざるを得ない条件を考慮し、内部空間の露出がファサードとなるような方向性を選択することになりました。スコープのような正方形の窓から奥行きのある空間を覗き見るような構成です。

多くのブランド商品を扱う業態を活かすために、小さな店に見立てたコーナーが内部空間をあいまいに区切るような平面計画としました。そのコンセプトにより、各コーナー越しに奥の風景が見える複雑な空間を得ることができます。既存の高天井には手をつけず、自立する壁面を意匠天井でつなぎ、強度確保と照明器具を組み込む役割を担わせながら、各コーナーの位置づけを明確にしました。
近郊住民との日常のつながりが経営の基盤であることから、コミュニティの場としてのサロンであることも求められます。外部から覗き見る長い空間の最奥には応接コーナーを設け、一部の壁面にはギャラリーコーナーも設定しています。量販店のようにすべてが見渡せる大空間にはない、いろんな話題が引き出せる空間の襞を設けました。

出来上がった空間の印象は都市型店舗と同様の緊張感がありますが、今後は地域性が加味されて印象は変化していくことでしょう。使うことで空間は成長していきます。その空間の発展に伴い、また事業が発展していくことを楽しみにしています。


延床面積 138.45㎡(41.88坪)
工事種別 新装
施工 北川工務店
ロゴデザイン アルトラ REKEW
照明計画 株式会社ライト
撮影 藤谷伸次