富士山を臨む家

Copyright (C) 2022 Hiraoka Architects.

2019年 鉄筋コンクリート造 一部 木造

富士山を臨む家 静岡県

富士山を臨む家 静岡県

2019年 鉄筋コンクリート造 一部 木造

Concept
富士市の閑静な住宅街での新築住宅の計画である。敷地北側に富士山の絶景が望めるが、上空に大量の電線が走っている。好立地の魅力を活かすために、弱点の克服をする計画が求められた。北側にコンクリート壁で隔てた中庭を設けて、左右のさらに高いコンクリート壁で周辺の規格化住宅的な建物を視界から消した。リビングの軒を深くすることで、室内から電線が見えなくなるようにして、富士山を建物のフレームで切り取ることができた。南側に位置する寝室などがある2階を勾配屋根にすることで、太陽高度が低い冬至でも、中庭に陽射しが差し込むようにした。水盤の反射を北側の植栽や壁に投影して、四季や時間帯による景色の変化を、近景と富士山で楽しむことができる家となった。
Data
 
構造設計  天野建築構造設計事務所 天野悦治
照  明  ピー・エム・シー株式会社 鈴木宣之 

施  工  株式会社 石井組

撮  影  スターリン エルメンドルフ