インパクトのある外観とピロティでまちに開く

とみ皮膚科クリニック

2015年 新築 鉄骨造2階建

静岡県富士市石坂68ー8

0545-51-1031

http://tomiskinclinic.com/

施工 株式会社 石井組
照明 株式会社 ライト
撮影 スターリン・エルメンドルフ

富士山へと続く街道沿いに建てられた皮膚科クリニックです。
間口の狭い敷地ゆえ、視認性を高めるためには外観にインパクトが必要です。どこにでもあるアースカラーを組み合わせ、アルミの目地棒にて水平ラインを強調しました。鮮烈な外観は狭い開口ながらも街なみに活力を与えています。


駐車場の確保のため、ピロティー形式としました。暗くなりがちな部分への配光と、直射日光を避けるべき患者さんへの配慮を兼ねて、建物を鉛直に貫通する3つの光井戸をつくりました。空と地面を繋ぎ、地上と室内におだやかな反射光を注ぎます。
台状に持ち上げたプランターから、日光をまといながら待合室に達する樹木を、華やかで落ち着く内装が取り囲みます。抑えた色調と多様な質感を用いた繊細な造形にて、コーナーごとに特徴づけしました。

富士山を背景に、優しく華やかな女性ドクターである院長先生の舞台にふさわしい、クールな建物になりました。
静岡県富士市のとみ美容皮膚科クリニックは東京で病院設計の平岡建築デザインの医院です This is a dermatology clinic built alongside a roadway leading to Mt. Fuji.

The site has a narrow frontage, therefore the exterior of the building needs to have a bold impact for increasing visibility. Façade is made from a combination of typical earth tone colors, while aluminum joint pieces dividing those colors exaggerate horizontality of the building.[A1] Striking impression of the exterior gives liveliness to the townscape, even though the exterior has small openings.

For securing the parking space, this building utilized pilotis style. 3 light wells, vertically penetrating the building volume, are provided for distributing daylight to the shady part of the building, while paying attention to the patients of the clinic not to receive direct sunlight. The sky and the ground is linked by those light wells, and gentle, reflected light fills the interior spaces and the ground area.

Sunlight lit trees, standing in the elevated planters at the ground level, reach to the same level of the waiting room, and its vibrant yet relaxing interior space encloses the trees. Subtle forms in controlled tone of colors with various textures add character to each corner of the interior spaces.

This building achieved sophisticated quality suitable for the clinic director, who is a bright and graceful female doctor, and the building is standing with Mt. Fuji as its background.